長生きを吉とする社会は、すでに終わっている

20170918_172436_0008

昨日は、赤城の敷島の湯に夕方子供と行った。すでに日は傾き、西の稜線に消えようとしていた。昼間は、真夏のように暑かったのだが、温泉に向かう途中は、空気が澄んで涼しい風が車窓から吹き込み、すでに秋の気配を感じる気象になっていた。

温泉に入るとやはりお年寄りが多く、こうして温泉に入れることが私も含めて何よりの幸せと感じているのだと思う。そんな中に若者も何人か友達と連れだってきている。

何日か前に、90才以上のお年寄りが、200万人を超えたという記事が出ていた。健康で元気な状態なら何年生きても、それはそれでめでたいと言えるのかもしれないが、病気をして若者の世話になるようだとこの数字は、単純には喜べないなかもしれない。

こうして年寄りが増え、若者が少なくなってゆく社会は、ある意味自然の摂理に反しているかもしれない。自然界の動物の社会では、このような現象は起こりようがないのではないだろうか。江戸時代以前の社会では、まだ医療が発達していなかたので、長く生きることのできる人は希で、長老は、皆に尊ばれて、尊重されていたのかもしれない。それだけ希少な存在だったのだから。ところが、現在の日本では、年寄りは毎年、どんどん増えて、若者は逆にどんどん減っている。これでは、社会を維持することができない。

やはり、「生きる」ことの意味を一度、皆で真剣に考えなくてはならないではないだろうか。自分の場合は、肉体ではなく、「エネルギーの流れとしての私」が本当の私であるということを確信しているので、あまり長く生きることにはこだわっていない。むしろ「さっさと悟って、さっさとあの世に帰る」ことを目標にしている。だから、健康診断もまったく受けない。自分の本当の姿がなんなのかということが、実感を持ってはっきりと確信できれば、肉体に執着して、社会そものもを崩壊させてしまうような過ちを犯さずに済むのではないだろうか。

左の心臓の裏の痛み

Sinnyuitami

夏が終わってそろそろ夏バテがでる頃だ。自分も先週の後半あたりから、なぜか背中の心臓の裏、神道、心癒のツボの辺りが痛んだ。そして、同じ場所が痛む患者さんが、何人か立て続けにきた。

初めのうちは、原因もわからず放っておいたが、もしやと思い、背中には手が届かないの、胸の前、ちょうど左の乳首のやや下内側の肋骨の間に置き針をしたら、しだいにその痛みも消えていった。やはり、夏の疲れが心臓の裏の痛みとして出たようだった。

夏の疲れとは、胃腸の冷えによる疲れで、腸が冷えれば、気が上に上がり、下から胃、心臓と突き上げてくる。夏は、冷たい物を飲み過ぎるので、夏に終わりに近づき、しだいに周りの気温が下がってくると背中の張り、肩凝り、首、頭の痛みとして出てくる。そんな時は、一人で我慢せずに薬師堂に気楽にきて頂ければ、痛みも取れてすっきり爽快な気分に戻ることができます。


保存

映画館のチケット売り場が消えた

20170908_75532_0002

今日は、子供と「関ヶ原」を見に行った。石田三成はいろいろな描かれ方をしているが、この映画では義を通す男として描かれていた。最近の大河ドラマでは、戦闘シーンを割愛してしまうことが多く不満に思っていたが、この映画では、見応えのあるシーンが続いて満足できた。それなりに良いできの映画だと思った。

ところで、久し振りにイオンシネマに行って驚いたのだが、チケット売り場のカウンターが無くなって、自動精算機に置き換わっていた。これには、かなりがっかりした。やはり、人が応対してくれることが、人間としてうれしいからだ。最近は、ゲオでもそうだが、自動精算機を導入する所が増えている。それは、結局、人から働く場所を奪っているのだが、人が暮らす社会で、人の仕事を奪うことが、本当に良いことなのか、かなり疑問だ。利益ばかり追求する社会は、結局、人が生きる道も奪ってしまのではないだろうか。

ロボットばかりで人のいない社会を目指しているというのは、かなり矛盾している。人がいて人が生き生きと働ける社会こそ目指すべきではないだろうか。

保存

落ち込んだ時は、雄大な風景の中に身を置くのがいい

20170905_85907_0003

「エネルギーの流れとしての私」として、誰もが自覚し生きることができれば、この世は、もっと住みやすい場所になると思うのだが、現実はそれとは逆で硬い岩ような規則でがんじがらめに縛られている。

 

どうして日本人は、こうしたつまらない規則ばかりことこまかに作るのだろうか。問題なのは、規則によりも実質だと思うのだが、現実の世界では実質よりも規則の方が重要視されてしまう。しかも、くだらない規則ばかり増えて、ますます息苦しい世の中になっている気がする。

そしてこんな状況で息苦しくなるといつもの場所へ行く。いつもの場所で裾野の長し赤城山を見る。畑の作物の生育と赤城の姿が自分の心を静めてくれる。雄大な自然の光景に元気をもらうと家に帰って、般若心経を読んだ。そうするとエネルギーが身体の奥から湧いて来て身体が熱くなってくる。雄大な自然の風景と般若心経は、元気になるのにかかせない。

保存

保存

草刈りと腰痛

20170824_102457_0001

昨日と今朝、伸びきった草をむしり始めた。しばらく雨が続いたので、庭の草は伸びきりジャングルのようになっていた。むしった草も山のようになっている。毎年思うのだが、大地の中にはよくもこれほどの量のものが詰まっているものだと感心する。これも大地のエネルギーの現れと言えるのだから。

今年は、防草シートを張ってあったおかげで、草刈り機で草を刈る必要は今の所ない。なれない草刈り機を左右に動かす動作は、けっこう腰を痛めるので、草刈りのシーズンになると何人も腰痛の治療に来ることが多い。

今回は、まだ雨が上がって間もないので、それほど治療に見えてはいないが、天気が続けば、この草の量なので、また患者さんが治療に見えるような気がする。くれぐれも草刈りをやり過ぎないようにご注意を!

保存

新たに般若心経1万回唱え始める

20170823_75533_0002

今朝はやっと晴れて気持ちのいい朝となった。風も冷たく爽やかだった。しばらく青空をみていなかったので、忘れてしいたように思った。ほんと曇りと雨の長く続く夏だった。気持ちのいい青空を見るのも久し振りだった。

話は変わるが、この間から般若心経を新たに1万回目指して唱え始めた。瞑想や「寝ながらできる元気気功」は毎日やっているのだが、これは脳の中心にある間脳、アジナチャクラを開発するので、いつもそこへ意識を集中している。そうするとハートチャクラも開いてくる。上からチャクラが開いてくるのは、いいのだが、開くということはある意味、無防備で外からくる衝撃に対して弱くなってしまう。最近は、特に衝撃をハートで受けてしまって、何かあると動揺して悲しくなり情けない話、涙で出そうになってしまう。これでは、この世で生きて行くには、難しいことになるので、般若心経を再び唱えることで胆力を再び鍛え直そうと思って、新たに1万回を目指して唱え始めた。

夏は、気温が高く、唱え始めるとすぐに熱くなってしまう。そのためにまだ、やっと200回唱え終わった所だ。しかし、唱えると声を出すので気持ちよく元気と力強さがでてくる感じだ。この調子で、秋に向かって涼しくなるにつれて唱える回数を増やしていきたいと思う。きっと心にも身体にもいい影響があるものと思う。

首周りの凝りと頭痛

20170819_162946_0004

毎日雨が降るので、庭の雑草は伸び放題だ。梅雨明け宣言と共に雨が降り続く今年の夏に身体にも異常が出てくる。昨日もそんな患者さんが、助けを求めて薬師堂にやってきた。なんでも背中から首にかけて張って痛くて、後ろをよく見ることもできないという。おまけに頭痛までするので、今日は仕事を休もうと思ったのだければ、頑張って6時過ぎまで働いてきたのだという。

自分も先週はずっと首の後ろの付け根が張って、上を向くのが苦しかったが、気功ヨガを続けていたら、今週は幾分楽になった。湿度が高い割に気温が変に低いので、寝ながら寝汗をかいてしまって、それが朝方冷えて身体に冷えが入ってしまうので、こうした反応が起きてしまう。だから、朝起きると何となくだるい。

こんな時には、やはり身体を温めて冷えを身体の外に出してやることが大切だ。自分の場合は、昼休みに近くの日帰り温泉に行って温めて治すのだが、患者さんの場合は、気功指圧で全身に気を入れて身体を温めて治してあげる。特に内腿から気を入れながら押すと内臓が温まり柔らかくなり、しだいに動き出すようになる。それでも背中と首に張りが残っている場合は、鍼をうって邪気を抜くと大夫楽になる。

今年は、あまり暑い夏ではなかったが、梅雨のような湿気がある日が続いたので、体調を崩している人も多いものと思います。そんな時は、薬師堂を思い出してぜひ訪ねて見てください。お待ちしています。

 

保存

治療しても瞑想しても夏は暑い

20170811_84737_0002

昨日までの長雨ですっかり生い茂ってしまった庭の雑草。今年の夏は、いつまでも雨が続いたがやっと今日晴れた。晴れてみるとその雑草の茂り具合がいっそうよくわかる。雨が降っているうちは、まじまじと庭を見ることもなかったのだから。

雨が降り続いて、いつも夏よろは涼しかったとは言え、湿度があるので、治療をしていても瞑想をしていても、般若心経を唱えていても、背中が汗ばみ熱かった。昨日も、治療していた患者さんにそのことを話すと「今、先生に気功指圧で気をいれてもらっていたら、腰から下がすごく熱くなってきているので、先生が熱いというのはよくわかります。」と言われた。その患者さんは、気功にも興味があるといので、治療の後にオリジナルの」青い海」の気功も教えることになっていた。

気功に興味があるというだけあって、気に対する感受性も豊かだったので、その熱さを感じることができたのだと思う。

しかし、ようやくお盆の週も過ぎたので、後はだんだん秋に向けて涼しくなっていってくれるものと期待している。やっと夏の峠を過ぎてくれた。涼しくなればまた気持ちよく治療も瞑想も読経もできるというものだ。

前橋の花火


先週の土曜日は、前橋に花火を見に行ってきた。年取った両親も一緒に連れて行った。考えてみれば、前橋に花火をわざわざ見に行くのは始めてだった。会場は、子供が今月から新しく通い始めた作業所の3階の屋上だった。

初めは、去年4ヶ月も入院していた親父が、階段を登って上まで行けるのか心配だったが、行ってみると無事になんとか登ることができた。去年の入院騒ぎを思えば、その回復ぶりに感慨もひとしおだった。

その作業所は、高校の同級生がやっているもので今年の4月から始めたばかりだった。元々は、子供が今までいた作業所をやはり高校同級生と二人で始めたのだが、意見の対立があったのか、去年いっぱいで退所して、同じ駅の反対側に新しく始めたものだった。利用者としては、今までどうり仲良くやっていてくれた方がよかったのだが、大人の都合でそうもいかなくなってしまったのだろう。

知的障害者のための作業所を経営するのは、大変なことだと思うが、利用者に寄りそってやっていきたいという彼の意志に共感し、子供を任せることになった。今までの作業所もずっと子供の面倒を見てくれていたありがたい職員の方がいたので、できればその方が辞めるまでお世話になるように子供にも言ったのだが、一度思い込むと抑えが効かない性格のために事務室を水浸しにする事件を起こしてしまったので、急遽、新しい所へ移ることになった。

彼の作業所は、自宅を改造して開かれていた。こういう形だと自分の生活のすべてを利用者さんに開放することになってしまうので、大変なことだと思う。花火大会で、一階に作業所のトイレがあるのだが、年取った両親が使うために2階の自宅のトイレを借りた時に、便器が利用者の飛び散った下痢便で汚れているのを見て、彼の覚悟を覚った。ここまでできる人は、少ないのではないかと思う。

表に見えているものだけでなく、潜在的なものまで含めて面倒を見たいという彼の姿勢に敏感に反応して彼の元に知的障害の子が集まってくるのかもしれない。

水沢はいろいろな意味で聖地なのかもしれません

20170806_120542_0003_2

渋川の総合公園の上の台湾から来たお寺。まだ工事は続行中のようですが、だいぶ出来上がってきたようです。麓からもよく見えますが、近くでみるけっこうでかい、水沢にこういした海外からお寺がくるとは、なんとも不思議な感じです。元の地ビールのレストランがあった所には、タイの小乗仏教のお寺もできたようなので、ここが霊的に特別な場所だということを示しているのかもしれません。

20170806_123417_0021

総合公園から眺めは素晴らしく、それが良くて渋川に帰ってきたようなものなので、日本全国や世界中からたくさんの人が来て、この景色を味わってもらえるのは、一つの喜びと言えます。日曜日には、渋川でラリーが開催されました。トヨタの社長や哀川翔も来たようでたくさんの人たちで賑わいました。群馬は以前からラリーがさかんだったようで、ラリーの聖地とも言われているのだとか。

以前はよく太極拳の練習に行ってましたが、最近はあまり行かなくなりました。しかし、時間がある時にはまた行って、雄大な眺めの中で自由に太極拳を舞いたいものだと思いました。

«脳の中心を鍛え開発する

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map