フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« ウルヴァリン SAMURAI を見て | トップページ | ついに1000記事達成です »

人を見て法を説く


昨日は、桐生に上江洲先生の光話会に行ってきた。話の内容よりも、先生が放っているエネルギーの波動が細かく気持ちよく、深い瞑想に入ることができるので行っている。昨日も中国からも何人か瞑想を深めにきていた。この動画では、中国語の通訳の人がついているが、昨日はいなかったので、中国の方は、その波動を感じていたことだろう。日本と中国の関係は険悪になっているが、こうして日本に勉強に来てくれる中国の人たちがいることに何か救われる気がする。

初詣もそうだったが、昨日も非常に深い瞑想に入ることができた。最近、特に深まっている気がする。何かおおきな転機を迎えているのかもしれない。

瞑想はあまりしたことがない人や、自分の独特な思い込みの世界をもっている人など、会場にはいろいろなレベルの人が来ているが、先生は、その人のレベルに合わせて根気よく丁寧に説明して、導いていることに気がつく。

指月の法というのがありますが、はじめのうちは月を見ないで、指をみてしまう。瞑想して直接的に、自分で、自分自身が神そのものであることを体験することが大切だと説かれても、じゃその神は、モーゼなのかキリストなのか、神というのは仏陀じゃないのかとかいろいろとどうでもいいことを考えてしまうのが、人の常ですね。長年、思考することで生きた人がいきなり、思考を止めろといわれても無理かもしれませんね。やはり、時間をかけて慣れてゆくしかないかもしれません。

表面的な言葉よりも、その人の発する波動に意識を向けることが、大切だと思います。だんだん慣れればできるようになると思いますので、ぜひ、試してみてください。

« ウルヴァリン SAMURAI を見て | トップページ | ついに1000記事達成です »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/58917239

この記事へのトラックバック一覧です: 人を見て法を説く:

« ウルヴァリン SAMURAI を見て | トップページ | ついに1000記事達成です »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map