フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« 水月に浮かぶビーナス | トップページ | 桜 »

心にいつも太陽を!

Imgp0529

今日来た患者さん。以前から来てくれている患者さんだが、最近、息子さんのことで悩んでなかなか来られなかったという。電話で、何回か相談を受けたが、かなり切羽詰まった感じだった。

私:「それで、息子さんの方はいかがですか。」

患者さん:「え~お陰様で、病院を替えてから、良くなっているんですよ。」

私:「そうですか。よかったですね。この間の電話ではかなり切羽詰まった感じだったので心配していたんですよ。」

患者さん:「お父さんが一本気っていうか、融通がきかないんで息子との間に入って大変だったんですよ。」

私:「まあ、あまり深く考えない方がいいですよ。この世の中、生きていれば、いろいろなこ がありますが、それは皆、幻だっていいますかれね。海の表面と同じで、大きな波や小さな波やいろいろなことが起こりますが、海の中は静かなもので、そっちの方に意識の焦点を合わせれば、何があっても大丈夫なんですよ。」

患者さん:「へ~、そんなもんなんですかね。」

私:「自分でも、毎晩は、般若心経とか寝ながら唱えているんですが、身体中熱くてしかたなくなっちゃって、身体の中に太陽があるようなものなんですよ。だから、最近、あまりこの世のことが気にならなくなっちゃってね。観音様でも神さまでも、困った時は、助けを求めて、唱えればいんですよ。そういう存在は、困った人を救おうと思って待ち構えてくれているんですからね。」

患者さん:「先生の話を聞いていたら、なんだか楽になってきちゃった。会ったらいろいろなことを話そうと思ってきたんですけど、何を話していいんだか忘れてしまいました。」

私:「そうそう、それでいいんですよ。忘れるってことが一番大切なんです。」

患者さん:(涙を拭きながら)「年をとると涙もろくなっちゃって。」

人間、どうしても意識の表面に焦点を合わせているから、そこで起こる様々な出来事に翻弄されがちです。でも、意識の深い部分は、いつも太陽のように明るく輝いているということを忘れなければ、何があっても同様することもないでしょう。

考えすぎこそ落とし穴、少し脳の皺を伸ばして、単純になることが大切なように思います。双方がきっと幸せになてます。

« 水月に浮かぶビーナス | トップページ | 桜 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/59403824

この記事へのトラックバック一覧です: 心にいつも太陽を!:

« 水月に浮かぶビーナス | トップページ | 桜 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map