« ラジオ体操の動きはロボットみたいだ | トップページ | 自由への欲望 »

幸せな一升(一生)

Cocolog_oekaki_2014_07_23_10_00

先週の気功教室でのこと、教室に行くと、また、生徒さんがなにやら話していた。

私:「なんの話をしてたんですか。」

生徒さんA:「うちの近くのたばこ屋のおじさんが、ケースにつっぷすようにしてなくなってたんですよ。」

生徒さんB:「そのあばあちゃんは、ちょうど一年前にトイレからでたとこで亡くなってたんですよ。」

私:「へ~、そうですか。じゃ仲が良くて呼ばれちゃったんですかね。」

生徒さんA:「いやいや仲がよかったって、言うより変なおじさんでね。おつりを渡す時に手の平をこちょこちょしたりしたんですよ。」

生徒さんB:「そうなんですよ。あたしも何回もやられて、文句を言ったことがありました。」

私:「そりゃ変わった人ですね。でも、そんなことってできるんですね。今度自分もやってみようかな。」

一同、笑い。

生徒さんB:「でも、元々頭がよくて医者になりたかったんだってね。その当時、そのお父さんが軍の仕事をしていたので、兵隊になったんだって、けっこうえらかったらしいよ。中国じゃ、随分悪い事をしたらしくて、二度と中国には行けないって言ってたよ。」

生徒さんA「酒が好きで毎日一升、届けさせてたんだってね。」

私:「そうなんですか。医者になれなくてひねれちゃったんですかね。まあ、時代がそうさせた面もあったんですかね。でも、最後に酒を飲みながら死ねたら本望ですね。けっこう幸せな一升(一生)といえるかもしれませんね。」

一升と一生をかけて言ったしゃれをわかってくれて、何人か笑ってくれた。

なんだか映画にでもなりそうな話で、酒の一升の中にも様々なドラマがあるものだと感心した。気功教室は、ただ単に気功を教えるだけではなく、こうした生徒さんの会話の中に人生に対して学ぶべきたくさんの教訓やら心からほぐしてくれる笑いがある。

« ラジオ体操の動きはロボットみたいだ | トップページ | 自由への欲望 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/60030169

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな一升(一生):

« ラジオ体操の動きはロボットみたいだ | トップページ | 自由への欲望 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map