フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« イギリスから来た気功の生徒さん | トップページ | インコブーム »

ペットと幸せホルモン

Py2014108

読売新聞にペットの違法投棄のことが載っていた。ペットを飼っている人は、幸せホルモンが分泌されて、海外では医療費が2割ほど下がったという統計がある国があると書いてあった。最近、特に犬の投棄が増えていますが、確かに犬を飼うことは大変なことです。それなりにお金もかかります。その点、インコは世話がないと言えるでしょう。

特にラブバードと言われるボタンインコなどは、いろいろな色のインコがいて見ていてあきないし、犬ほどは手もかかりません。また、飼い主との別れ方もあっけないものです。朝起きたら、下に落ちてすでに冷たくなっていたり、あるいは、開いている窓から逃げてしまいそれっきりになってしまうことも多いでしょう。こうした執着の少なさが、鳥を飼う魅力の一つでもあります。自分自身もこの世からいつ旅だってもいいように生きていたいものです。

「幸せホルモン」がでるのは、何もペットを飼っている時ばかりではありません。「青い海」の気功や寝ながらできる元気気功をしていても、たっぷりでてきます。特に寝ながら言葉を唱える気功は、誰でも簡単に今すぐ今夜からでもできますので、お勧めです。

同じ言葉を繰り返し唱えて居ると身体の芯から温かくなってきて、慣れてくると熱くさえもなってきます。そうすれば、足が冷たくて眠れないということもなくなるし、夜、トイレに起きる回数も減って安心して休むことができるようになります。すでにこの気功を実践して、たくさんの方がその喜びを実感しています。

興味のある方は、ぜひ、このEBOOKを読んで試してみてください。

 

« イギリスから来た気功の生徒さん | トップページ | インコブーム »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/60672316

この記事へのトラックバック一覧です: ペットと幸せホルモン:

« イギリスから来た気功の生徒さん | トップページ | インコブーム »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map