« インコブーム | トップページ | インターステラー »

心がからっぽになると虚しくなる

Cocolog_oekaki_2014_11_22_11_58

昨日の午前中は、何か心が空っぽで虚しい気分に襲われていた。昨日は、朝から絶好調だったので、ちょっと意外だった。考えてみれば、その一昨日、一昨昨日とワインを飲んだので、その後遺症がでたようだ。アルコールは飲んでいる時はいいのだが、最近は、その後にだるさや虚しさがでることがある。やっぱりあまり身体には良くないようだ。

心が空っぽになるというのは、心の中にあるペットボトルに入った水がみな流れだして空っぽになるようなものだ。普段は、自分という想いで一杯だった水が何かの拍子で空っぽになってしまうと、とたんに虚しさや悲しさを感じるようになる。

しかし、焦点を心臓の中に置いてしばらく意識の目で見つめていると、しだいにそこから温泉のような温かなエネルギーが湧き上がり始めた。こうなればもう虚しさは、去ってしまって再び心の中は心地良い気が満ちて元気になる。

気分というものは、毎日変化して止まないが、こうして自分で元気なる方法がわかっていれば安心だ。

« インコブーム | トップページ | インターステラー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/60690276

この記事へのトラックバック一覧です: 心がからっぽになると虚しくなる:

« インコブーム | トップページ | インターステラー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map