« 天に引き上げられる磁力 | トップページ | 喪中だっていいじゃないか人間だもの »

眉間にアナが開きそこから光が注ぎ込む

Cocolog_oekaki_2014_12_15_10_33

一昨日小野上温泉に浸かっていると、眉間に穴が開きそこから光だ差し込むような感覚になった。その穴はチューブのようになって身体の中の方へと繋がっていった。穴から入ったエネルギーと温泉の湯のエネルギーが一体となって、身体の中を温めてくれた。

温泉にはいると身体の中をエネルギーがたゆたい動くのがわかる。自分はエネルギー的な存在だということがよくわる。昨日も赤城の敷島温泉に行ったが、二日続けて温泉に行ったことで冷えもすっかり抜けて元気になった。

いきなり人が悟ることは難しいと思うが、まずは、自分がエネルギー的な存在であることがわかれば、人類の有り様もだいぶ変わってくるのではないかと思う。今の社会がかかえる様々な問題の根本には、自分が単なる肉体だと錯覚していることに原因があるのではないかと思う。

« 天に引き上げられる磁力 | トップページ | 喪中だっていいじゃないか人間だもの »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/60813128

この記事へのトラックバック一覧です: 眉間にアナが開きそこから光が注ぎ込む:

« 天に引き上げられる磁力 | トップページ | 喪中だっていいじゃないか人間だもの »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map