« 追いつくのが大変な時代 | トップページ | 同じ残業も気持ちの持ちようで違う »

温泉も混む冬の寒さ疲れ

Img_0176

この頃になると皆の寒さ疲れもピークに達するのか、先週の祭日に行った小野上温泉も一昨日行った赤城の敷島温泉も超混んでいた。いつもはのんびり入っているのだが、あまり人が多いと何となく落ち着かないものだ。

写真は、昨日の穂高だが、まだまだ雪で真っ白に覆われている。その雪を降ろした空っ風に、砂が目に入ったのか、昨日は、左目が痛くて午後からは目を閉じて、目薬を点眼して横になっていた。お陰様で、今日は、大丈夫なようだ。どこが具合が悪くなっても困る物だ。特に目の調子が悪い時は、PCをいじることは、負担になる。今またEBOOKを書いているので、目も疲れ気味だ。

今回のEBOOKの題は、「息が帰れば、生き返る」というものです。気功の場合は、呼吸法というよりは、自然に出入りする気息を意識して行います。そのことを書いていますので、書き上がったらぜひ読んで見てください。

« 追いつくのが大変な時代 | トップページ | 同じ残業も気持ちの持ちようで違う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/61151923

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉も混む冬の寒さ疲れ:

« 追いつくのが大変な時代 | トップページ | 同じ残業も気持ちの持ちようで違う »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map