« 自分の姿を撮ることにあまり興味がない | トップページ | 春の山 »

否定的な言葉と心臓病の相関性

Img_0203

今日は、だいぶ春めいてきて、水沢も霞んで見える。花粉もだいぶ飛ぶと天気予報で言っていたが、今年は、花粉症にならないと思い込んでいるせいか今の所あまり気にならない。

夕べのニュースで、twitterで否定的な言葉が囁かれた地域と心臓病の発生の多い地域とが重なっていという報道をしていた。それを聞いて面白いと思った。仕事や生活が大変な地域の人が多く住む地域は、心や身体の負担が重いので心臓病に罹る率が多くなると徒捉えるべきか。それとも、否定的な言葉のもつ波動が、心臓に悪影響を与えていると捉えるべきなのか。いずれにしても否定的な言葉と心臓病に相関性があるということ自体が面白い結果だと思う。

寝ながらできる元気気功で、プラスのイメージの言葉を唱えていると、だんだん元気になってくるし、いつの間に眠ってしまって、不安や恐れから解放されて安眠できるようになるというの、言葉との相関性を物語っていると思う。特に寝ながら唱えて居ると、半醒半睡の意識の状態でも唱えているので、潜在意識の素直に入って心と身体の良い影響を与え易いのではないかと思う。

いつかもっとたくさんの人が、この気功をするようになったら、この気功をしてる地域とそうでない地域の心臓病の発生率を比べてみると面白いのではないかと思う。

« 自分の姿を撮ることにあまり興味がない | トップページ | 春の山 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/61294583

この記事へのトラックバック一覧です: 否定的な言葉と心臓病の相関性:

« 自分の姿を撮ることにあまり興味がない | トップページ | 春の山 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map