« 「青い海」の気功で腰痛が消えた | トップページ | 「冷え」が取れれば楽になる »

愛される人とは

Img_0279

先日うちに集金に来た信金の営業マンが、治療院の駐車場からバイクから出た所を車とぶつかってしまった。すごい音がしたので、外に出てみるとその人が道路に座り込んで痛がっていた。幸い近くを通りがかったすぐ裏の病院の職員の人が、病院に行って医師を呼んで来てくれて、ストレッチャーでそのまま病院に運んでくれたので、その場はおさまった。後で聞いたら骨折もなく打撲だけだったようで安心した。

問題は、その時に自分が事故を起こした時以上に悲しみの感情がこみ上げてきて、なんだか泣きそうになってしまったことだ。なぜなのか自分でも不思議だ。一つには彼は、ちょっと抜けていてたまに間違いを犯すのだが、善良で憎めないタイプの人だったので、想像以上に感情移入してしまったのかもしれない。映画で言えば、釣りバカ日誌のハマちゃんタイプの人柄だ。今まで、集金に来ていた営業の人たちは、外で会っても挨拶できないような人たちばかりで心の通う人たちではなかった。事故にあった営業マンが来ると仕事以外の無駄話をするのだが、実はそれが一番大切なことで、人と人の心を繋ぐものなのかもしれない。

後は、治療中に患者さんの悲しみのエネルギーを知らず知らずに吸い取っていて、それが事故のショックで表面に浮いてきたのかなとも思った。気功をしていると人と共感する能力が高まってくるので、だんだん人を傷つけるということはできなくなってくる。世界中の政府は、核兵器を開発するよりもこの共感する力を育てるべきだと思う。そうすれば、だれも戦争で人や物を破壊することができなくなってしまうのだから。

« 「青い海」の気功で腰痛が消えた | トップページ | 「冷え」が取れれば楽になる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/61530881

この記事へのトラックバック一覧です: 愛される人とは:

« 「青い海」の気功で腰痛が消えた | トップページ | 「冷え」が取れれば楽になる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map