« 受容と腸鳴 | トップページ | 失ったウエストを取り戻せ »

スイーツと気功

Dsc_0007

いつも行く行幸田の畑に行ったら、すでに麦が黄金色に輝いていた。この間行った時は、まだ青々としていたのにいつの間にかそんな時期になってしまったことに気が付いた。時が過ぎ去るのは、早いものだ。

今日は気功教室に来てくれた生徒さんと赤城山を見ながら、サンドイッチを食べた。ホテルサンドとか言って、甘みのある柔らかなパンに挟まれたサンドイッチが、けっこううまくて気に入っている。その生徒さんは、毎回いろいろなスイーツを作ってきてくれる。気功とスイーツを組み合わせたら、たくさん人が集まって来てくれるのではないかとふと思った。

その生徒さんに気功やEBOOKやユニクロのUTmeにアップしたTシャツの絵の感想を聞いてみた。「青い海」の気功は、「まだ二度目だが、だんだんその世界に入ることができて、自分の身体の境界が消えて、透明になって浮いているようだ」と言っていた。「そうそうそれが大切なんです。」と答えて、「境界が消えた絵をInner Seaの本の中に描いてあったでしょう。」と話したら、しばらく時間をおいて思い出して納得してくれた。「肉体を忘れて、ただエネルギーの流れとなって空間に溶け込んでゆく気持ち良さを体感として理解することが大切なんですよ。」と話した。二度目にしては、「青い海」の気功の本質を理解してくれているので、感心しもし、うれしくもあった。

ブログに関しても、具体的な身近な話から書き始めてくれるので、分かり易いと言ってくれた。あまり現実ばなれした話ではなく、毎日の生活の苦しみや悲しみ、あるいは何気ない日常の暮らしの中にこそ悟りがあるのではないかと思っていることを話すと共感してくれた。普通の人が普通に生きて普通に悟る。それができれば、この世は変わるのではないかと思う。

« 受容と腸鳴 | トップページ | 失ったウエストを取り戻せ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/61625201

この記事へのトラックバック一覧です: スイーツと気功:

« 受容と腸鳴 | トップページ | 失ったウエストを取り戻せ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map