« ユニクロのTシャツに検索機能がつきました | トップページ | 実践幸せ脳の作り方 »

西遊記


一昨日は、子供がおばあちゃんに怒られて実家から追い出されてしまった。そこでいっしょにうちに帰り西遊記を借りてきて見ながら、落ち着いて反省するのを待った。あまり好みの映画ではなかったようだが、まあ、それなりに楽しで見ていたようだった。

ただの娯楽映画と思って楽しく見ていたが、最後にあれっと思う台詞がった。

師匠:お前はいいものをなくしてしまう悪い癖がある。大いなる愛と男女の愛をどう思う?

玄奘:男女の愛も大いなる愛の一つ、愛に大小はありません。苦痛を知ってこそ、人生の苦悩を理解でき己の執着を知ってこそ手放すことができる。

師匠:足りないものを悟ったな。

「苦痛を知ってこそ人生の苦悩を理解でき己の執着を手放すことができる」という台詞は、まさにその通りとしか言いようがないし、自分の経験にもぴったりと当てはまる言葉だ。こんな深い言葉が、娯楽映画の最後に出てくるとは夢にも思わなかった。やはり、西遊記の本場の作品だけのことはあると思い感心した。

« ユニクロのTシャツに検索機能がつきました | トップページ | 実践幸せ脳の作り方 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/61763694

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記:

« ユニクロのTシャツに検索機能がつきました | トップページ | 実践幸せ脳の作り方 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map