« スイーツと気功、そしてスケルトンの愛 | トップページ | 砂上の鐘楼 »

体を耕すー手を使うことの大切さ

Cocolog_oekaki_2012_04_26_09_07

仕事が忙しく疲れきった表情で患者さんが、治療室に入ってきた。来る前に今日は、こんなことを話そうと思っていたこたをあまりに疲れていたために忘れてしまったという。「いいんですよ。治療をしているうちにはそのうち思い出すでしょから。」と言って気功指圧を始めた。

指圧をしながらいろいろな話がでた。この日は、いつものようなエネルギーわき上がる感じがなく久しぶりに「お腹の中心が冷たい」とるという。「忙しいので、さすがに元気がなくなってきたんですかね。」と答えながら、両手の平から患者さんに気を入れていった。

そして、最後の最後、これで治療も終わるという時にやっと話そうとしたことを思い出したと言う。「今は、いろいろと机の上やPC上でやる仕事が増えていますが、やはり物を作るということは、手作業ということが大事ですよね。先生の仕事もそうですよね。」 それに答えて、「そりゃそうですね。手から気を直接患者さんの体に注いでいる訳ですからね。だから、気功指圧は、患者さんの体を耕していると思っているんですよ。」と言った。

その後、その患者さんは、話そうと思っていたことを思い出して、心と体のつかえもとれて、すっきりとまた元気になって帰っていった。

確かに「手」を使うこをは、大切なことだ。最近は、ますます太く大きなエネルギーが手のひらから出ている。しかも、さわやかでさらさらとして湿ったところがない。もう何十万人の方に触れて治療してきたかわからないが、治るとか治らないとか言う前にこの手に触れられるだけで気持ちよくなってしまうということが大切なことだと思う。

« スイーツと気功、そしてスケルトンの愛 | トップページ | 砂上の鐘楼 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/61953662

この記事へのトラックバック一覧です: 体を耕すー手を使うことの大切さ:

« スイーツと気功、そしてスケルトンの愛 | トップページ | 砂上の鐘楼 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map