« 死ぬまで死ぬことに無関心 | トップページ | インド映画チェイスを観て »

一人一人は不完全で不格好でも、人類全体としては見事な音を奏でている


この間治療している時に、最近、ハイレゾに凝って専用のパソコンをくみ上げた患者さんが、非常にためになる面白い話をしてくれた。その患者さんが、サウンドイコライザーで音の波形を見ていると、一つ一つはとんでもない外れた波形をしていても、全体でみるときれいな音になっているのだという。同じように職場でも、いろいろな人がいて、一人一人は完璧とは言えなくとも、会社全体としてみた時にいい仕事ができているといいのではないかとも言っていた。

 

この話を聞いてハタと思い至ることがあった。倍音声明といって何人かで、発声することがあるのだが、何人かで発声していると音と音が重なり合って、音のカーテンが出来上がって、天使の声のような不思議な音が聞こえてくるものがある。たぶん、大勢でやればやるほど面白い音が聞こえてくるだろうが、中には調子っぱずれな音を出す人がいても全体としての響きは、きっと面白いものになっているのだと思う。

 

この間、ランチで障害者のダンスをしているお母さん方にあったが、彼らのダンスを見ているとなぜか感動して涙ができてしまうと話した。障害を持って生まれた来た子もその親や家族も人知れぬ苦労をしているのがわかるので、感動してしもうのもあるが、そこからほとばしる命の波動が、自分の心と共鳴するからなのかもしれない。

 

自分たちは決して完全ではないし、間違いも犯すが、人類全体としてみた時は、調和がとれたシンフォニーとなってほしいものだと思う。そして、この青い美しい水の惑星である地球がいつまでも続くことを願うのみだ。

« 死ぬまで死ぬことに無関心 | トップページ | インド映画チェイスを観て »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/62647290

この記事へのトラックバック一覧です: 一人一人は不完全で不格好でも、人類全体としては見事な音を奏でている:

« 死ぬまで死ぬことに無関心 | トップページ | インド映画チェイスを観て »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map