« 細胞は元々光りであるというサイマーの言葉 | トップページ | 死ぬまで死ぬことに無関心 »

自ら光りを放つ

Img_1242

同じ会社であっても、その部門によって働いている人がだしている波動は違うらしい。良い波動を出している所だと気持ちよく働けるのだが、マイナスの波動を出している所は、その波動の影響を受けて自分も暗くなってしまいがちだと言う。

 

会社の置かれた状況にもよるのだろうが、上に立つ人が出す波動にも影響されるのかもしれない。うつやパニックになりそうな重い職場を変えるには、その状況に巻き込まれない私という存在を意識できるといいかもしれない。この世は、一時的で絶えず変化しているが、本当の自分は、絶対安心の不動の喜びの世界にいると実感できれば、幻であるこの世の状況に振り回されることから解放されやすくなるだろう。

 

前にいた職場との空気感の違いに驚いたとしても、上の立場から自ら光りを放ってゆけば、しだいに働いている人たちの気持ちも変わり明るい職場に変わってゆくのではないだろうか。自分の中に光りを見いだせば、その光はしだいに周りを照らし世の中を暮らし安い所に変えて行くだろう。

« 細胞は元々光りであるというサイマーの言葉 | トップページ | 死ぬまで死ぬことに無関心 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/62622966

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら光りを放つ:

« 細胞は元々光りであるというサイマーの言葉 | トップページ | 死ぬまで死ぬことに無関心 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map