フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« 交通事故と鍼灸治療 | トップページ | 歯茎の腫れ痛みと「冷え」の関係 »

チャッピーとあぶないデカ


昨日は、子供たちとイオンシネマに危ないデカを観に行ってきた。自分で見たいと行ったので連れて行ったのに精神的に不安定になり上映前に上の子がなぜか外へ出たがった。まあ、いつものことなので、怒ることもなくとりあえず見てみていやだったら途中で出たらと言ったら、なんとか席に落ち着いて映画を見始めた。見始めるとそれなりに面白かったのか、無事最後まで見終わることができた。上映内容は、柴田恭兵と舘ひろしのコンビの刑事ドラマを懐かしんでの再現だった。内容はないが,おしゃれで面白いと言った映画だ。柴田恭兵は、一昨年の「黒田官兵衛」で父親役をやり良い演技をしていたので、演技力がないという訳ではないが、これはちょっといただけない。日本では、たいていのドラマや映画が先に有名な役者があり、役者を引き立てるためにドラマがあるといった感じで、あまり面白くない。

 

その夜、借りてきていた「チャッピー」という映画を観た。これは、ロボットが主役の映画で、
X-Menのウルバリン役の ヒュー・ジャックマンが出ていたが、完全に脇役であり悪役で最初は本人かどうか迷うほどだった。あくまでもドラマが主体で、それを演じるために配役するという姿勢だ。だから、映画そのものが面白い。最後にロボットに人間の意識を転送するというシーンがあったが、これはなかなか面白い主題だ。いつか実際に人間が、ロボットに意識を転送することができるようになり、寿命を延ばすような時代がくるのかもしれないことを暗示していた。

 

これはある意味とても重要な問題だ。それは、いったい「自分とは何なのか」とい生命の根本的な問題を含んでいるからだ。この世がすべてだと思うとこの世への執着が生まれ、いつもでもたとえロボットの身体の中に入ってもいたいと思うのかもしれないが、自分が永遠に不滅な純粋な意識だと思えば、わざわざ小さなロボットの身体の中に入ってまで、この世にとどまる必要もないことに気づくだろう。

« 交通事故と鍼灸治療 | トップページ | 歯茎の腫れ痛みと「冷え」の関係 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/63150251

この記事へのトラックバック一覧です: チャッピーとあぶないデカ:

« 交通事故と鍼灸治療 | トップページ | 歯茎の腫れ痛みと「冷え」の関係 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map