« 達成すべきことは、自分の内側にある | トップページ | 新薬高騰が医療を壊すを観て »

マインドフルネスというよりも元気フルネス

Hearlifrush360

マインドフルネスという言葉が、最近アメリカではやっているらしい。日本でもそれを取り入れようとする動きがあるようだ。それが具体的には、どのような方法なのかということはよく知らないが、個人的には意識と肉体の間には「気」を取り入れた方がわかりやすいのではないかと思っている。

 

ある患者さんは、仕事や家族の問題から来るストレスから一時は、寝ていて心臓が止まってしまうのではにかという恐怖にさいなまれた時もあったが、薬師堂に通って気功指圧をうけながら、そして、夜は寝ながらできる元気気功をしながら、だんだんと落ち着きを取り戻していった。今では、ハイレゾの音響装置、PCやアンプなどをつくることに意識を向けているので、仕事のストレスもうまく解消することができて、その表情には喜びの笑みが浮かぶようになっている。まさにマインドフルネスの状態と言っていいだろう。

 

確かに瞑想を知らなかった人には、瞑想をすることで始めてしる世界や喜びがあるだろう。しかし、それでけですべてが解決するのかというとそうでもない。「気」という具体的に電磁的なエネルギーを感じられるということも必要だと思うし、先ほどの患者さんのように趣味に打ち込むことで心が満たされることもある。仕事と精神的な生活とがうまく循環して、ストレスを解消できるようになるといい。それはまた同時に脳の周辺部だけでなく、脳の中心部へ意識と気血を集めて、脳を活性化するということも意味している。そうすることで新しい斬新は発想も浮かび仕事にもプラスになってくるのだと思う。

 

また、夏になると言葉を唱えるだけで、気がわき上がって毎晩、汗との格闘になってしまうが、生命エネルギー的にも元気いっぱい、つまりは「元気フルネス」になることが大切だと思う。

« 達成すべきことは、自分の内側にある | トップページ | 新薬高騰が医療を壊すを観て »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/63847947

この記事へのトラックバック一覧です: マインドフルネスというよりも元気フルネス:

« 達成すべきことは、自分の内側にある | トップページ | 新薬高騰が医療を壊すを観て »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map