フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

ご当地アイドルと知的障害

Akagi


今日は、桐生のうまいもの合戦に行ってきた。群馬、栃木、茨城の三県からのB級グルメを集めたイベントだ。それと同時に様々なご当地アイドルたちが舞台で歌を披露してくれる。ご当地アイドルには、追っかけファンがいて、彼らが大声で声援と送っていた。まあ、若者もいるが、オタクっぽいおじさんたちも多い。

そんな中で栃木の「とちおとめ」とかいうグループの追っかけと見ていたら、ずいぶん知的障害の人たちがいるのに気がついた。みな楽しそうに大声を出して応援していた。会場に溶け込んでいたし、周りの観客たちも自然に受け入れてくれていて、とてもいい雰囲気だった。うちの子もそうだが、ご当地アイドルの子たちが、自然にこうした障害のある人たちを受け入れてくれていることは、社会との壁を消して行くいい方法のような気がする。

うちの子も赤城団の子たちには、いつも温かく迎入れて頂いて感謝している。エコ活動で赤城の青年の家の森に植林したり世話をする時も、自然と周りと溶け込んで適当に話しをしながら草むしりなどの手入れをさせてもらっている。ご当地アイドルには、地元を応援するという気持ちがあるのがいいのかもしれない。地元の中には、当然、いろいろな人がふくまれるのだから。地元を愛し愛されるアイドルというのは、なかなかいいものだ。

正直、毎週のようにアイドルのイベントに子供を連れてゆくのは、辛い時もあるが、彼女たちの明るい歌声や踊りにこちらも癒やされることも多い。

寒暖差による腰痛、肩凝り、風邪が増えている

20161121_151228_0002

今日は、雨が降ってはいるがあまり寒くない。暖房をつけていいのかつけない方がいいのか迷う日だ。こんな風に毎日のように気温が違うので、寒暖差が激しく身体に冷えが入りやすく、そのために肩凝り腰痛を訴えて治療にくる人が多い。

自分も2週間前から風邪をひいてしまい。ここ2週間は、調子が悪かった。今週になってだいたい収まったが、今日の天気のようで気持ちも身体も晴れ晴れしていない。

また、日が差すと車の中が暑くなり汗をかくので、開ききった毛穴から冷えが入り易いので、風邪をひいてしまう。寝ていても寝る時は、なんとなく暑く感じても朝方冷えるので、油断すると冷えが身体に入り、お腹を冷やし、大腰筋などの腰の筋肉を硬くして腰痛が起こる。お腹が冷えるとガスが発生し、それが上に上昇して背中、肩、首が凝ってしまう。

秋から冬への季節の変わり目は、体調を壊しやすいので、注意しましょう。

目の前を「あい」が走り抜ける

Dsc_0066

3日の朝、しつこい子供からの電話に起こされて、まだ寝ぼけた頭で車で実家に向かっている途中の出来事だった。「結局、この世は、学校と同じで卒業することでしかいろいろな問題から解放されることはないんだろうな。」と考えていると、車で流していたEXILEの曲から「あい」という言葉が聞こえてきたと同時に目の前を「あい」というステッカーを貼ったデイサービスの車が通り過ぎた。

 

「あい」なんてことは一つも考えていなかったが、これは何かの偶然というよりもサインだと思った。そう思い、うちに帰るとさっき聞いた曲がなんだったのかをカーナビにつないでいたUSBを外して、PCにつなげて調べてみた。そして、どうやらこの曲ではないかというのがわかった。

 




ちょっと以下に歌詞を引用してみよう。

 

いつでも君の為にI wish
幸せを願う事こそが愛
夢を見れば恋をすれば
誰にでも悩める日が来るから

 

I wish,I wish,I wish for you
I wish,I wish,I wish for you
I wish,I wish,I wish for you always baby

 

どうせ自分を騙せないDeep down
だから自分で変えていくしかないKeep up

 

沈まない太陽欠けない月のようなデザイア
守りたい救いたいメサイアのように

 

いつでも君の為にI wish
幸せを願う事こそが愛
夢を見れば恋をすれば
誰にでも悩める日が来るから

 

I wish,I wish,I wish for you
I wish,I wish,I wish for you
I wish,I wish,I wish for you always baby

 

引用終わり

 

この場合の「あい」は、私の「あい」だ。他には、「eye」目という意味もあるので、私はいつもあなたを見ているという意味になるのかもしれない。そして、この歌詞だと「いつも君の為にI wish 幸せと願うことこそが愛」の「愛」に繋がっている。要するに、私はいつもあなたの幸せを願って見ているというメッセージなのかもしれない。

私の「I」は小さな「i」だが、いつも大きな「I」が遠くから見守っているという意味で、純粋な中心の意識が、個我としての小さな「私」という意識を見守り導いているから安心して任せていなさいと言っているのかもしれない。そして、何があってもそんな「愛」の中にいる自分を見失わないないようにというメッセージを送って来ているのだろうか。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map