« オリジナルであること | トップページ | ご当地アイドルと知的障害 »

寒暖差による腰痛、肩凝り、風邪が増えている

20161121_151228_0002

今日は、雨が降ってはいるがあまり寒くない。暖房をつけていいのかつけない方がいいのか迷う日だ。こんな風に毎日のように気温が違うので、寒暖差が激しく身体に冷えが入りやすく、そのために肩凝り腰痛を訴えて治療にくる人が多い。

自分も2週間前から風邪をひいてしまい。ここ2週間は、調子が悪かった。今週になってだいたい収まったが、今日の天気のようで気持ちも身体も晴れ晴れしていない。

また、日が差すと車の中が暑くなり汗をかくので、開ききった毛穴から冷えが入り易いので、風邪をひいてしまう。寝ていても寝る時は、なんとなく暑く感じても朝方冷えるので、油断すると冷えが身体に入り、お腹を冷やし、大腰筋などの腰の筋肉を硬くして腰痛が起こる。お腹が冷えるとガスが発生し、それが上に上昇して背中、肩、首が凝ってしまう。

秋から冬への季節の変わり目は、体調を壊しやすいので、注意しましょう。

« オリジナルであること | トップページ | ご当地アイドルと知的障害 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/64523850

この記事へのトラックバック一覧です: 寒暖差による腰痛、肩凝り、風邪が増えている:

« オリジナルであること | トップページ | ご当地アイドルと知的障害 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map