« ギリギリでも追い込まれないココロ | トップページ | ココログのサイドバーの表示を遅らせた原因はaddclipsだった »

人は皆、かみの村のひとである

Lman4

昨日の気功教室であるキリスト系の新興宗教の話がでました。ある生徒さんが、訪問してきたそこの人たちを家に上げて何度か話しを聞いたことがあったのだそうです。その時にアダムとイブのことを聞いたら本当に信じてたので驚いたと語り、「それじゃ進化論は信じないの」と言ったらやっぱり信じないと言ってたそうで、そこでも驚いていました。

そこで気功の生徒さんたちに、「神って言うのは外側にいるんじゃなくて自分たちの内側にいるんですよね。」という話をして「自分たちの本質が神意識そのもなんだから、外の神を偶像化して崇拝する必要はないんですよ。自分なんかずーっとそう信じてきました。だって名前が かみ の 村 の 人 なんですから、皆さんもみんな神の村の人なんですよ」と言ったら、誰かが「先生のかみって、うえっていう字だよね。」って言う声が聞こえました。言いたかったのは、そういうことじゃなかったんですが。

要するに、外側や外見に囚われることなく、自分自身の内側に意識を向けて掘り下げて行けば、やがては命の泉たる神意識にたどり着くことができるということで、表面的な言葉に囚われてはいけないということが言いたかった訳です。そしてまた、昔の人が書いた本をあがめて研究しても観念的に神を捉えることができても、生きた神の波動を感じることはできない。それよりは、太陽に向かって両手を広げた方が、その躍動するエネルギーを直接感じることができるし、また神社やお寺で両手を合わせて無心で祈る方が神仏の放つエネルギーを直に感じることができる。大切なのは、観念的に言葉を信じることではなく、体験として神仏のエネルギーを感じることだということが言いたかった訳です。

長年気功をしているとだんだんそうしたエネルギーに対する感受性が高まってきて、自然といろいろなものを感じることがきるようになってくるはずなのですが、この生徒さんの会話には思わず苦笑してしまいました。


 

« ギリギリでも追い込まれないココロ | トップページ | ココログのサイドバーの表示を遅らせた原因はaddclipsだった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/64904047

この記事へのトラックバック一覧です: 人は皆、かみの村のひとである:

« ギリギリでも追い込まれないココロ | トップページ | ココログのサイドバーの表示を遅らせた原因はaddclipsだった »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map