« 「死」ではなく「転生」として捉える | トップページ | 出家云々と言うよりも生命エネルギーの流れとしての自分に気が付くことが大切 »

眠れない怖い夜が明るく楽しくなるまでに

20170208_171834_0003

もう何年も治療に通ってくれているのだが、初めて治療に来た時には、夜寝ていると心臓が苦しくなり救急車を呼んで何度も病院に行ったという患者さんがいる。気功指圧をして順調に回復してきたのだが、昨日の治療の時に話していると、今では、趣味に没頭して夜の時間が充実して足りないくらいだと喜んでいた。

仕事に追われ仕事のことばかり考えていた時には、自分の時間が持てずにしだに追い込まれてしまったのだろうが、意識の焦点をずらすことを覚えたら、俯瞰的に上から自分の状態を眺めることができるようになってきて、心に余裕ができたのだと思う。仕事場では今でも毎日いろいろなことがあるが、それらを渦として捉えなるべくその渦に巻き込まれないように注意し前進しているのだと言う。

世間では、電通の社員の自殺から労働時間のことが問題になっているが、こうした意識の焦点をずらし、生活の中に自分の喜びがもてる時間を持つということも大切なことのような気がする。同じ仕事でも興味を持って取り組めたら、まったく負担になることもないだろうし、機械的の残業を規制するのは、かえって仕事がしにくくなる場合もあるかもしれない。もっと仕事や生活の実質をみることが大切なのではないだろうか。

この患者さんの回復の様子を前にEBOOKにしたことがあるので、興味がある人は読んでみてください。うつやパニックも 息が帰れば生き返る

« 「死」ではなく「転生」として捉える | トップページ | 出家云々と言うよりも生命エネルギーの流れとしての自分に気が付くことが大切 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/64874432

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れない怖い夜が明るく楽しくなるまでに:

« 「死」ではなく「転生」として捉える | トップページ | 出家云々と言うよりも生命エネルギーの流れとしての自分に気が付くことが大切 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map