« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

脂肪を燃焼するフリフリ気功ヨガ


昨日も、春の到来を思わせるのどかな一日となった。おかげでもう大丈夫と思った花粉症が午後4時過ぎから出始めた。前の日に油断して外に洗濯物を干してしまったのも良くなかったのかもしれない。今日は一転して曇天となり、夜には雨か雪が降るという。一雨ごとに花粉が落ちて、花粉症が遠ざかってゆくので、雨はかえってありがたい。

ところで、昨日の気功は、いつもよりも張り切って、フリフリ気功ヨガを長くたっぷりと行った。「毎年、冬になると3キロぐらい太ってしまうんですよ。」と言っていた生徒さんも、「この気功をすると身体が熱くなりますね。」と言って喜んでいた。「そうですね。今年もフリフリ気功ヨガで脂肪を燃焼しましょう。」と答えた。

ちょっと上の骸骨は、脂肪が燃焼しすぎですが(笑)、この気功の動作を寝ながら繰り返し繰りかえし行っているとだんだんお腹の脂肪が燃焼して身体が熱くなってきます。腰回りの脂肪も落ちて、腰の切れも良くなってくるので、腰痛の予防にもなります。詳しくは、「治ったら4キロ痩せてた風邪ダイエット」に書いてありますので、ぜひ読んでみてください。

小さい春見つけた

20170329_141048_0012

庭に出ると小さい紫の花が咲いていた。小さい春みっけたと思わず呟いた。今日は、のどかな一日となった。花粉症も治まりやっと春を感じ喜ぶことができるようになった。桜が咲く前だというのにかなり暖かく気持ちがいい。普段は、桜が散ってやっとほっとするような日になるような気がするが、今年は花粉た治まるのも早かったし、春がくるのも早かったように思う。これで桜も一気に咲くのだろうか。

19日頃が花粉症も最悪だったが、ここに来てのどかな春が来たので、また、一年頑張ろうと思い始めることができた。やはり、春は一年のスタートだ。

ワイルド君と赤城団そしてリーダーの卒業

Taichdi

昨日は、朝のうちは父親が入院している病院に呼び出されて前橋まで行った。お昼から、同じ前橋のライブハウスで赤城団のリーダーをしていた子の卒業ライブが入っていた。ここにきて急にたくさんのメンバーが卒業し始めている。去年辺りから何となく元気がないなと思っていたが、6年を経過して、メンバーたちもそれぞれの道へと巣立ちの季節になったようだ。

 

思えば、赤城団が県内各地に招かれて歌うのを見るために子供を連れて実にいろいろ所に行った。一時期は、毎週のように赤城団のライブを見に行った。昨日のライブも長くまたたくさんのファンでぎゅうぎゅう詰めの会場で、4時間近く立ち尽くした。

 

赤城団の子らやスタッフの方たちは、知的障害のあるうちの子に対してもおおらかに接してくれたし、ファンも温かな目で見てくれていたのだと思う。リーダーのわかちゃんも親切だった。そんな子が卒業してしまい残念だが、それぞれに新しい道があるのだからいたしかたない。

 

今まで様々の所に応援に行ったことを思うとどっと疲れができてしまうが、卒業した子もきっとそんな気持ちになるのではないかと思う。みんなからワイルド君と呼ばれていた息子は、赤城団を応援することで水を得た魚のように踊っていた。赤城団は音楽活動だけでなくエコ活動と言って、赤城の青年の家に植林したり手入れをしていて、赤城団の森というのも持っている。だから、今は卒業して別れ別れになってしまったメンバーやファンそしてうちの息子も、いつか赤城に植林した赤城団の森に集う時がくるのもしれない。

保存

保存

保存

花粉症の鼻づまりを針で解消

Photo

夕べもやはり寝ていたら鼻が詰まってしまった。そこでいつものように頭の正中線に沿って、頭頂に近いツボから針を打って鼻を通していった。まずは頭頂よりちょっと前のくぼみにある前頂というツボの辺りに針を打った。ここに針をうつとしだいに刺激が下の方へと広がってゆき少しずつ鼻の詰まりが解消し始める。長く打って動きているとしだいに腸も動きだしてくる。針を打ちながら上から息を吸い込み鼻から吐いて行く。それを抜いてはまた刺し繰り返してゆく。

次はやや下ってしん会というツボに針を打つ。ここは大泉門と一致するのか、鼻と繋がっていて太い気が流れだしてくる。ここで呼吸していると間脳も刺激されて次第に気持ちよくなり瞑想状態に近くなってくる。また、その左右のツボにも針を打ったりしていると次第に鼻の詰まりも取れて楽になり、また、眠りにつけるようになってくる。

この様に針を打って気を通すことによっても、自然に鼻を通し、花粉症による鼻詰まりを解消することができる。

光が向かってくる

Backlight4

最近、夜車で家に帰る途中、目を軽く細めると前の車のテールランプや対向車のヘッドライト、そして、信号の光がこちらに向かってくる。光の筋になって向かってくるのは、LEDライトのせいなのだろうか。

たまに指でその光の筋に触れてみようと試みるのだが、その光に触れることはできない。しかし、すべての光が自分に向かってくるようで、きっと自分も光そのものなんだと思えてくる。

話変わるが、昨日は花粉症がひどく、夕方には目が充血して前が見えなくなるほどで、車も目を開けていることができないので半眼にして運転して家にたどり着いた。夜中に寝ていても、久々に鼻が詰まって夜中に目が覚めた。しかたないので、また、針を頭に何度も何度も刺した。するとしだいに鼻の詰まりが取れてなんとか眠ることができた。

今日は、今の所、調子がいい。なんか抜けたといった感じだ。顔に向かって気を送ったのが効いたのかもしれない。




気功指圧で除湿されて身体が軽くなる感じ

Kochuusiatu

気功指圧をしていると気が体内に入ることによっていろいろな反応が起こる。身体の中を熱湯が流れるように感じることもあるし、内蔵が活発に動き出して鳴り出し、身体が温まり幸福感に包まれることもある。

そんな中、この間治療した患者さんは、治療が終わった後にこんなことを言った。「あ~楽になった。身体が軽くなって除湿されたような感じです」。 除湿と聞いて「なるほどな」と思った。確かに身体に「冷え」が入る時と言うのは、汗と共に入ることが多いので、湿気が入るのと似たような状態だ。それにしても除湿と言う言葉に思わず除湿器を思い出し笑ってしまった。

そして、昨日治療した患者さんにうつぶせになってもらって指圧をしている時、「わあ~、今先生の右手が当たっている所からすごいエネルギーが入って来てます。気を入れる時は意識して入れているんですか」と聞かれた。そう言われてみれば、最近は特に意識して気を入れている訳ではない。ただ、患者さんの背中に両手を当てている時に、右の手が光りの柱になったようにすごいエネルギーが流れ込んでいる感じはある。敏感な人は、そのエネルギーの流れを感じることができるのだろう。

単純な動作の繰りかえしで、気の流れる道が身体の中に広がるにつれて、膨大なエネルギーがそこを通って流れ込むようになってくる。小手先の技に走るのではなく、本質を掘り当てるような生き方が大切なのだと思う。そうすれば、その良さをわかってくれる人もしだいに増えてゆくのではないだろうか。

保存

豆腐大根ミックスサラダで花粉症撃退

2017sun3

今日コンビニに行ったら、店員の人が何回も大きなくしゃみをしていた。目の潤んでいたので「花粉症ですか。」と聞いたら。「薬を飲んでいるのですが、今日はひどいです。」と言った。「自分の花粉症だけど、今年はまで出てないな。豆腐大根ミックスサラダが効いたのかな。」と言うと「はあ~」と答えたので、「ほろここでよく買っている。大根ミックスサラダ。」と言うと「ああ、なるほど。」と答えた。「じゃ、お大事にね」と言ってそそくさと店を後にした。

「あ、やっぱり豆腐大根ミックスサラダは、花粉症にも効果があったか。」と車に帰って喜んだ。しかしながら、冬の間にまたお腹の周りに脂肪がついてしまったので、できるだけ豆腐大根ミックスサラダを食べなければと思っている。

脂肪も減るし、花粉症にも効果があるとわかれば、この食事をするモチベーションも自然と高まってくる。

黄緑の花粉煙巻き上がる

Kahun

お昼に行きつけの店で食事をして家に帰る途中、黄緑の花粉が杉林の上を風に煽られて巻い上がっているのを見た。急いで携帯で写真を撮ったが、うまくその色を撮ることはできなったが、確かに黄緑の煙だった。そういえば、3.11の時も地震で大地が揺れるたびに、同じような現象が起きていたことを思い出す。

自然の森を破壊して、お金になる杉を植えた結果がこの始末だ。人間が自然に対してやることには、必ず反応が現れる。花粉症で涙が流れるのは、そんな自然の悲しみ、苦しみを人間にわからせるためのものなのかもしれない。

ここの所、北朝鮮が立て続けにミサイルを発射しているが、彼らが開発している核ミサイルは、間違いなく自然を破壊しているので、そのうち自然の反撃を食らう時がくるのではないかと思う。その時になって自分たちのしてきたことの愚かさに気づいても、すでに遅しということになるだろう。

傲慢で攻撃的な態度は、それ以上の反応を自然から引き起こされてしまう。福島の原発事故も一度事故が起きてしまえば、何年も人が住めなくなってしまうほど危険な装置をクリーンと言って推し進めてきたそのつけが回ってきただけと言えるだろう。

毎年この季節になるとかゆい目から涙をこぼしながらこんなことを思うのだが、今年は今の所まだ大丈夫だ。

頭痛の原因とその対処法

Katochan

一昨日の土曜日いつものように行きつけの喫茶店に行くとテーブルの上に食べ終えた食器がたくさんのっている忙しさだった。こんなことは初めて、さぞや忙しかったのだろうと同情した。一人でやっているので、一度にたくさんのお客さんがきてしまうとてんてこ舞いになってしまうのだろう。

幸いこちらが行った時には、もう人波は過ぎ去っていた。食事を済ませた頃に、店主が「今日は、低気圧が来てるんでしたっけ、なんだか頭が痛くて」と言った。「そいいえば、来ているのかもしれないね。最近、寒暖差が激しくて体調を崩している人が多いからね。」と言った。一瞬、頭痛をなんとかしてやれればと思ったが、忙しいそうだし、ちょっと簡単に治療をするということもできないので、後ろ髪を引かれながらもその場を後にした。

そして、治療室のある家に帰ってから、メールで頭痛の起こる原因とそのとりあえずの対処法書いて送った。彼女は、腰も痛くなってきたと言っていたので、おそらく朝方の寒さで、「冷え」が身体に入り、下腹部が冷えてお腹周りの大腰筋などの筋肉が冷えて腰痛が起き、冷えることで発生した気というかガスが上昇し、下から背中や肩を突き上げ、さらに脳を圧迫して頭痛が起きてしまったのだ。

そこで、両足の裏の湧泉というツボと恥骨の上の膀胱の辺りと仙骨の辺りにホカロンを張って温めるようにメールを送った。それだけでは、頭痛はなくならない、できれば鍼かで体内に溜まってしまったガスを排出する必要があるが、そこまでは自分で対処することはできない。後は実際に治療に来てもらうしかない。

しかし、翌日になって、「お陰様で温かくなって気持ちよくなりました。」というメールがきていたので、ある程度効果があったのかとほっとした。

体調の悪い時に限って今までになく忙しい日と重なってしまって、その店長さんもたいへんな一日でした。こんな時に頭痛の起こる原因とその簡単な対処法を知っておくといざという時に役にたちますね。

花粉をたくさんつけた杉林にあえて近づく

Sugiakagi

いよいよ花粉のシーズになった。今年は、豆腐大根サラダダイエットを去年からしているので、比較的軽く済むのではないかと期待している。今のところ大丈夫だ。今日もお昼をいつの行く御幸田のそば畑に行って食べたのだが、すでに杉は花粉で赤黒くふくれている。

車が白くなってしまうくらいなので、相当飛び始めたのだと思う。久し振りに赤城山を眺めなながら太極拳をした後に、あえて杉林に近づいてみた。

Sugi2

逃げるのではなく気持ち的に向かっていって克服する。そんな治しの方が好きだ。

Sugi

家や車の中にいても花粉で白くなってしまうこの季節、どこへも逃げようがない。薬に頼らずに体質を改善することで治せればそれにこしたことはない。



HTML5の勉強が初心者にもわかり易い本

H5


3日でマスターHTML5&CSS3 」という本を読みながら、HTMLの勉強をしている。今までブログやHPを作ってきたので、それなりには慣れているつもりだったが、基本的なことを勉強してないので、わからにことも多かった。ところが、この本を読みながら、書かれている通りにHPを作ってみると非常にわかり易く、今まで疑問だったことが一気に解決していった。

これを買う前に間違って、同じようなピンクの表紙の本を買ってしまったのだが、それは教科書的でいまいちわからなかった。それに対してこの本は、実際にHPを作りながら入力してゆくので、いろいろな記号を実にわかりやすく理解することができた。

HTMLを理解したいと思っている人にぜひお勧めしたい内容です。自分でもEBOOKを出しているので、この書き方は大いに参考になりました。HTMLの初心者で理解したいと思っている人は、ぜひ読んでみてくさい。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map