フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« 死に行く者の定め、残されし者の務め | トップページ | 家を整える »

目から来る肩凝り頭痛を癒やす

Senaka

パソコンを長時間使っていると目が疲れ、姿勢も悪くなって、首、肩、背中が凝り、猫背になってしまい頭痛が起きてくる。昨日も10時間もパソコンをしていて具合が悪くなったと言って患者さんが来た。また、細かい文字をみているので、余計に目が疲れると言っていた。確かに、長時間パソコンに向かっていると体が固まっておかしくなってきてしまうものだ。

気功指圧で背中に両手を入れて心臓の裏から気を入れてほぐしてゆくと精神的な緊張もとれて、心と体が緩んで癒やされて行く。両手の平で包み込むようにして気を送ってゆくと安心して、日頃の緊張や仕事からくるストレスから解放されて行く。両手から放たれて気は、患者さんの全身に行き渡り、しだいに内臓もほぐれ動き出し、お腹が鳴ったりして息を吹き返す。

初めは冷えと疲労でパンパンに張っていたお腹も、柔らかくなり、体全体の血流もよくなり温まってくる。気功指圧が終わる頃には、ほっとして緩んだ背中が治療ベッドの上に座っている。最後に肩甲骨の間と肩、首を緩め首の後ろに右手を当てて脳の中心から目に向かって気を入れると目がパット開け世の中が明るく見え始める。こうした癒やしが、パソコンで疲れ切った体に訪れる。

同じような症状で苦しんでいる方は、ぜひ一度薬師堂の気功指圧を受けてみてください。

« 死に行く者の定め、残されし者の務め | トップページ | 家を整える »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/65289925

この記事へのトラックバック一覧です: 目から来る肩凝り頭痛を癒やす:

« 死に行く者の定め、残されし者の務め | トップページ | 家を整える »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map