« 気功指圧で腸が動く | トップページ | 実相世界に近づきリフレッシュ »

共感のスイッチをオフにする

20170717_123132_0022

人に対する怒りや悲しみは、相手の行動が自分の期待どうりにならない時に良く起こる。相手に裏切られたという想いは、時に人を狂気にも導き、自傷、他害の行動にでることもある。世の中には、必要以上にこちらにどんどん入って依存してくる人がいる。そんな人に同情して、こちらも感情移入してしまうと、その人があっさり自分から去って行こうとして時に裏切られたと感じることもある。

そういう人の場合、その性格がわかった時点で、共感のスイッチをオフにしてつきあうといい。そうすれば、その人が自分から去って行ったとしても何も感じることがない。相手の性格を見極めてつきあうことが大切なことになる。

たとえば、遺産相続における義理の兄弟とのつきあいとかけっこう問題になるのかもしれない。もし、そうした関係の中で傷ついてしまったと感じたら、知らず知らずのうちに自分を傷つけるのではなく、相手との共感のスイッチをオフにしてつきあえば、自分自身の心も体も健康で居られるのではないだろうか。

保存

« 気功指圧で腸が動く | トップページ | 実相世界に近づきリフレッシュ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/65554516

この記事へのトラックバック一覧です: 共感のスイッチをオフにする:

« 気功指圧で腸が動く | トップページ | 実相世界に近づきリフレッシュ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map