« 前橋の花火 | トップページ | 首周りの凝りと頭痛 »

治療しても瞑想しても夏は暑い

20170811_84737_0002

昨日までの長雨ですっかり生い茂ってしまった庭の雑草。今年の夏は、いつまでも雨が続いたがやっと今日晴れた。晴れてみるとその雑草の茂り具合がいっそうよくわかる。雨が降っているうちは、まじまじと庭を見ることもなかったのだから。

雨が降り続いて、いつも夏よろは涼しかったとは言え、湿度があるので、治療をしていても瞑想をしていても、般若心経を唱えていても、背中が汗ばみ熱かった。昨日も、治療していた患者さんにそのことを話すと「今、先生に気功指圧で気をいれてもらっていたら、腰から下がすごく熱くなってきているので、先生が熱いというのはよくわかります。」と言われた。その患者さんは、気功にも興味があるといので、治療の後にオリジナルの」青い海」の気功も教えることになっていた。

気功に興味があるというだけあって、気に対する感受性も豊かだったので、その熱さを感じることができたのだと思う。

しかし、ようやくお盆の週も過ぎたので、後はだんだん秋に向けて涼しくなっていってくれるものと期待している。やっと夏の峠を過ぎてくれた。涼しくなればまた気持ちよく治療も瞑想も読経もできるというものだ。

« 前橋の花火 | トップページ | 首周りの凝りと頭痛 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/65683795

この記事へのトラックバック一覧です: 治療しても瞑想しても夏は暑い:

« 前橋の花火 | トップページ | 首周りの凝りと頭痛 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map