フォト

薬師堂気功指圧センターのホームページ

薬師堂電子書籍

« 死を恐れてはいないか | トップページ | 読み解く般若心経 パート7 »

読み解く般若心経 パート6

Akaoni

先週の土曜日は、親戚のおばさんの一周忌があった。先月は、親父の49日を行い。今週の木曜日には、知り合いのお葬式に行ってきた。こちらは、神葬祭だったが、冗長でやたらと長く、気的にもいまいちで参った。この間は、八幡宮で姉弟が日本刀で殺し合うという事件が飽きたし、神や仏の世界も本質からかけ離れて混乱しているようだ。

 

49日の法要の意味をあるサイトでこんな風に解説していた。「人は,亡くなると49日の間あの世とこの世を彷徨い、その間に閻魔大王から次にどんな生を受けるのか裁きを受けるのだという。」そのために初七日か四十九日の間、お経をあげて供養をする必要があるのだという。そして、もし地獄、餓鬼、畜生という悪い道が決まってしまった場合に、再チャレンジのチャンスがあり、それが、百か日、一周忌、三回忌などの法要で、死者の為に追善供養することによって、死者の行く道を良くすることができるのだという。

 

般若心経を読んでいると、こうしたことは一切空であり方便だということがわかる。その一言が、これだ。「舎利子。是諸法空相」。インドの聖者もそうだと思うが、ある程度修行を積んだ弟子に対して言う言葉と、一般大衆に対して言う言葉とはちょっと違っている。子供に対して悪いことをすると鬼が来るぞ!と脅すように、大人に対しても悪事を働けば、地獄に落ちるぞと言って、脅して、まじめに仏道の修行に向かうように言ったのだと思う。しかし、本当の所は、究極の悟りの世界では、「諸法は、空想なのである。」

 

そこで「舎利子。是諸法空相から遠離一切顛倒夢想」の所まで否定の言葉が続くのである。そして、始めに否定しているのが十二因縁のようだ。十二因縁をwikipediaで調べると「無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死」とある。これは、まず最初に真理、実相の世界に対する無知から始まり、次に間違った行いが生じ、そこから間違った認識が生まれ、という具合に原因と結果の繰りかえしでこの世の苦悩が生まれているということらしい。このことに関しては、こちらのサイトが詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

ようやく般若心経を1800回唱え終わりました。今年中には2000回はいけるかと思います。こうしてその意味を理解してゆくことも必要ですが、一番大切なのは、実際に読み込むことで瞑想状態に入り、般若波羅蜜の世界を直接体験することなのだろうと思います。

« 死を恐れてはいないか | トップページ | 読み解く般若心経 パート7 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/66142898

この記事へのトラックバック一覧です: 読み解く般若心経 パート6:

« 死を恐れてはいないか | トップページ | 読み解く般若心経 パート7 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map