« 読み解く般若心経 パート9 | トップページ | イギリスで孤独担当大臣を新設 »

般若心経12000回読誦

Img_2358

ようやく般若心経を2000回唱え終わった。今年に入って第二週に風邪を引き、体調がいまいちで時間がかかってしまった。今年は、あまりに寒いので風邪をひいいてもなかなか回復しない人が多いいようだ。インフルエンザもはやっている。

一昨日ぐらいに車を運転していて、頭頂から眉間の奥のアジナチャクラに気が降りてきて天とつながる感じがした。「ああ、そうだこの感覚だったんだ。」と思い、風邪をひいてから、この天とつながっている感覚を忘れていたことを思い出した。天とのつながりが切れていると自分がなんともつまらない存在に思えるものだ。

風邪をひいいている時は、般若心経を唱えるにも、なんとなく力が入らない。こうして天とのつながりを取り戻した今は、身体の中心にエネルギーが満たされてくるのをすぐに感じることができる。他のスポーツと気功との違いとは、このエネルギーの感覚があるかないかの違いなのだと思う。

« 読み解く般若心経 パート9 | トップページ | イギリスで孤独担当大臣を新設 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 般若心経12000回読誦:

« 読み解く般若心経 パート9 | トップページ | イギリスで孤独担当大臣を新設 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map