« 仮想通貨の波の中で漂流し始めた時代 | トップページ | オリンピック、塚の間の夢 »

年を取っても増え続けるのは、生命エネルギーである気力だけだ

Imgp0472

年を取ると白髪が増える。根元から白くなってきて、ちょうど指一本分の幅になったら、床屋さんに行く。目の中にも小さなごみのような物が出始めて、細かい字が読みにくくなってくる。歯もだんだんぐらぐらと揺れ始める。ただ、般若心経を読んだり、瞑想をすると身体の中心から力強い気力がわきあがってくる。そんなときには、「年を取っても増え続けるのは、生命エネルギーである気力だけだな」と実感する。

年とともにこの肉体そのものが,この世から消えようとしている。しかし、実感として気の流れを感じることができていれば、その消失もそれほど心配ではない。エネルギーは永遠に不滅だということを感じられるからだ。今は、オリンピック開催中で金メダルと取ったとか取れなかったとか騒いでいるが、たとえ金をとったとしても、それらは、時間の経過ともにやがて失われていってしまう。老化とともに、やがては、自分自身の記録にも勝てなくなっていってしまう。

それならば、永遠に変わらない物、老化していっても増え続ける気力を身に付けてゆくことにしたらどうだろうか。それは、脳の中心を活性化するということと同じだ。脳の中心にある間脳を鍛えることで、この世の一時的刹那的な快感から開放されて、永遠の喜びに出会いその中にとどまることができるなら、金メダルを越えたそれこそ最高のゴールと言えないだろうか。

すべてが、老化することで失われる現実の中で、増え続ける喜びを気の流れとともに体感してみてはいかがだろうか。

« 仮想通貨の波の中で漂流し始めた時代 | トップページ | オリンピック、塚の間の夢 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219443/66392205

この記事へのトラックバック一覧です: 年を取っても増え続けるのは、生命エネルギーである気力だけだ:

« 仮想通貨の波の中で漂流し始めた時代 | トップページ | オリンピック、塚の間の夢 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Translation

無料ブログはココログ

Amazon

YAHOO NEWS


map